ニコ生初の書籍化、消費税対策や得するクレカなど知って俺得!

2014/1/12

手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。

ハード : Windows/Mac/iPhone/iPad/Android 発売元 : 祥伝社
ジャンル:ビジネス・社会・経済 購入元:紀伊國屋書店Kinoppy
著者名:山田真哉 価格:864円

※最新の価格はストアでご確認ください。

男子も女子も、「貧困」のままでは生き残れない時代。

そんな中、「手取り10万台の俺たち」のためのニコ生(ニコニコ生放送)の隠れた人気番組『ニコニコ生活講座』が、異例のスピードで書籍化されました。気になるその内容は「給与明細」「給与明細その2」「消費税」「カード」と、人気の高かった4回分の放送が収録されています。

解説してくれるのは、ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』でおなじみ会計士の山田真哉さんと、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さん。ゲストに社会学研究者の金田淳子さんを迎えて、身近な得するマネーネタを紹介してくれますが、マネーといっても臆することなかれ。お3方はそれぞれアニメやコミック、やおい好きで、オタクなワードをちりばめつつ、楽しく展開してくれます。とにかくお金にまつわるめんどうなあれこれが、非常にわかりやすく、伝わりやすい。まさに「知って俺得!」。

給与明細の話題では、手取りの真実や、通勤手当と社会保険が連動しているくだりに「なるほど、それでたくさん引かれていたのか」と納得するでしょう。また、自分の会社がブラック企業か否かは給与明細からわかるそうで、「厚生年金保険が、総支給額の8%ちょっとかどうかが、見極めライン」なのだとか。

さらに学生時代に猶予されていた年金は、実はさかのぼってでも納付すべきで、10年以内ならさかのぼりがが可能。将来年金をマックスで受給するには、40年間ずっと払い続ける必要があるので、ここは今からでもぜひ納付しておきたいところです。

そして最も気になる来年の消費税増税に向けて。住宅や車、家電はいったいいつが買い時なのか、ポイント還元率が高くて年会費が安い、今どき得するクレカはどれなのかなど、手取り10万円台の俺が安心するために必要な情報がけっこうがっつりつまっているので、最後まで読み飛ばせません。

でも、読みながら将来が徐々に不安に思えてくるのもまた事実。

しかし、あとがきの「たとえ収入が低くても、お金のことをしっかり勉強し、身の丈にあった生活を心がければ、結婚も子育ても実現できると思う。あまりにも遠い老後の心配をするより、毎日の貯金を積み上げていくことのほうがずっと大切」という、FP花輪さんの言葉に心励まされる良書であります。


総支給額から何が引かれて手取りになるのか。まずは基本のキから始まります

消費税が上がるからといって、慌てて大きな買い物をしなくてもよさそうです

クレジットカードの勢力図を知ると、改めて「今のクレカでいいのか」と自問自答してしまいそう