タイトルにぎくり、読んでみてさらにぎくりとさせられる、極上のエンタメ小説

小説・エッセイ

2010/11/5

だってしかたないじゃん! ――そうおもったことのないひとなんて、いないとおもう。 自分でも、ほんとは、しょうがなくないことはわかっている。だけど自分を守るために、つい、正当な理由をつくりあげる。 このお話は、そんなわたしたちの、だれでももってる、それこそ「しょうがない」部分を徹底的に突いてきます。 この小説の、ストー... 続きを読む