取引先の運送会社の経営再建をM&Aで引き受け、8ヶ月で黒字化を実現した経営者の体験実話

ビジネス・社会・経済

2010/11/11

筆者の大谷将夫氏は、京都の宝酒造で40年、組合活動、企画宣伝や新規事業の立ち上げ、営業の新規開拓など幅広いビジネスを経験して、タカラ物流システムのトップを務めた人物。    その大谷氏が経営危機に陥った取引先である長崎運送株式会社を買収し、社長として乗り込んで京都と長崎で二重生活を送りながら、事業を建て直していく実話... 続きを読む