電車の中でも自宅でも。 手軽にショート・トリップが愉しめる、ふしぎな短編12話

小説・エッセイ

2010/11/16

なりそこない王子

ハード : PC 発売元 : 講談社
ジャンル: 購入元:eBookJapan
著者名:星新一 価格:420円

※最新の価格はストアでご確認ください。

乞食王子に白雪姫と七人の小人たち、はだかの王様にピーターパンなどなど、誰もが知ってる寓話の登場人物たち総出演の傑作パロディ「なりそこない王子」や、深夜に霊柩車を走らせていた男達が“死体”を拾ったことでてんやわんやの騒動が巻き起こる「死体ばんざい」、“売春公社”によって買春が義務化され、日々情欲を煽動されつづける社会を描く「新しい政策」など、風刺とひねりのきいた、ちょっぴりオトナ向けのショート・ショート全12話。

星新一といえば、何といってもショート・ショートなわけだが、その中でもこの『なりそこない王子』に収録されている12編は、比較的長めのものが多い。とはいえ1話につきだいたい10分~15分程度で読めるので、通勤時やちょっとした気分転換をはかりたい時には、まさにうってつけの1冊といえる。
現実と幻想が交錯する世界でくりひろげられる予測不能の展開をわくわくしながら追ってるうちに、凝り固まったアタマも適度にほぐれ、ラストには人間の心理を巧妙についた見事なオチに膝をうつ快感が訪れる。
忙しくてなかなか小説を読む暇がない、という方にもぜひオススメします。

本文のデフォルト画面(.book形式)。個人的には、ちょうど読みやすい文字組みだった。背景はアイボリーなのも眼にやさしい印象

全12話収録。目次のタイトルをクリックすれば、読みたい話に即座にとぶことができる

目次(2ページ目)

画面を下にむけてひっぱると、ツールバーが表示される(.book形式共通)。さらにこのツールバーを左右にドラッグすると、本文内検索(右にドラッグ)や文字サイズの調整、縦組/横組の選択(左にドラッグ)が可能

この作品、実は40年近く前に単行本化されたもの。しかし「時事風俗は極力描かない」といった工夫がなされているため、古くさい印象はうけない。他にも、年代、地域を問わず楽しめるよう著者独自の様々な工夫が施されている