12年間、片思いを拗らせてきた私に好きでもない彼氏ができた。迷走する私の恋の行方は…?

小説・エッセイ

2011/9/4

「生殖促進効果のはずの恋が、逆に子孫繁栄を阻害している。私もドードーと同じく滅びゆく種なのだろうか」──。 中学校のときにひと目惚れした“イチ彼”のことを思いつづけた結果、26歳になっても恋愛未経験で処女の“私”。結婚するならイチとと願うものの、彼が“私”を好きになる可能性はない。 会社の呑み会で知り合った体育会系の... 続きを読む