電化製品を読み解けば、小説が分かる!? 「オール電化」な文学評論集!

小説・エッセイ

2014/3/31

 不協和音を奏でる掃除機の音もキレイ好きな人の手にかかれば、リズミカルなジャズの調べだ。食通の人の冷蔵庫を開けば、活気ある朝市に迷い込んだ心地がする。電化製品というのは、どうやらその持ち主に自然と似てしまうものらしい。家電こそが人を写す鏡なのだ。モノが人よりももの申すなんておかしいだろうか。空想上の登場人物たちを巧み... 続きを読む