『進撃の巨人』の諫山氏もベタ褒めする驚異作! 両思いになると消える少女に恋する少年の運命は…

更新日:2014/4/8

不死身ラヴァーズ(1)

ハード : PC/Android 発売元 : 講談社
ジャンル:コミック 購入元:BOOK☆WALKER
著者名:高木ユーナ 価格:420円

※最新の価格はストアでご確認ください。

 『進撃の巨人』の諫山先生も激プッシュ! 書籍の帯では「今までに読んだことのない漫画」「革新的な構造を持っている発明的な作品」だとベタ褒めをされておりました。『不死身ラヴァーズ』はどこが面白いのか? それは、本作はループものに分類される漫画ですが、ループするのは“時間”ではなく“関係性”だという点。そして主人公、甲野(こうの)の全力恋愛の清々しさよ! 確かに「今までに読んだことのない漫画」でした。

 両思いになると消えてしまう人がいる。そんな、わけのわからない現象に突如として巻き込まれた一人の少年、甲野じゅん。小学生の時に告白をして、受け入れてもらえた瞬間に、まるで世界から削り取られるように長谷部りの(はせべ りの)は消えてしまいました。誰も長谷部のことを覚えていない世界の中で、じゅんは長谷部のことを忘れられないまま過ごします。そして中学二年のある日、廊下を歩く新入生の1人に目が引き寄せられました。髪型も性格も言動もすべてが違う赤の他人で、けれどじゅんにとっては間違いなく“長谷部りの”です。全力で大好きだと言葉でも行動でも表すじゅんに、2度目の長谷部も少しずつ気を許し、やがて両思いに――なった瞬間、再び消える長谷部。その後もまるで運命のように何度も出会い、好きになり、思いを伝え、その度に長谷部は消えてしまいます。そして大学で出会った長谷部は、「記憶が1日しか持たない」という事故の後遺症を抱えていて…

 現在第1部完3巻までが絶賛発売中! 何故ループするのかはまだ解明されておりません。しかし「こまけぇことはいいんだよ!」と言わんばかりにグイグイ読ませられてしまい、気づけば一気に読破していました。第1部完時の驚愕の締め方と、帯の「革新的な構造」という部分が気になって気になって仕方ありません。今は第2部の内容を練っているところでしょうか? 第2部開始を、首をながぁくして待っております!


好きすぎて熱がでるくらい長谷部のことが好き! 熱血恋愛してますねぇ

思いが通じた瞬間消える長谷部…一体何が起こったのかじゅんには理解できません

中学で出会った長谷部は“小学生の時の長谷部”とは全くの別人で、それでも間違いなく“長谷部りの”ならば、じゅんは問答無用で惹かれてしまうのです

初対面で蹴られていた甲野ですが、全力投球の甲斐あって中学の長谷部との距離も縮まりました。しかしその後…