絶対絶命のピンチを乗り切った自動車会社はいかにして立ち上がったのか?

小説・エッセイ

2014/4/12

 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』で、地獄から抜け出す蜘蛛の糸がぷつりと切れてしまったのは、多くの人が糸にたかったためではない。主人公が地獄からの救済を独り占めしようとしたためではないか。自分のことばかり考え... 続きを読む