「チャタレイ夫人の恋人」裁判の被告が送る、恋愛、結婚、人生を考えるための手引き書

小説・エッセイ

2010/11/25

この本の著者、伊藤整は、1950年にわいせつ文書として裁判になった、D.H.ロレンス著「チャタレイ夫人の恋人」の翻訳者としても知られる。 「女性に関する十二章」は、その後、1950年代初めに「婦人公論」に連載されたエッセイで、戦後、憲法上男女平等になり、選挙権も持つようになって、戦前とは違う恋愛観、結婚観を持ち始めた... 続きを読む