AKB48では泣けない中年男も、号泣必至。秋元康氏が説く「小説版デス・エデュケーション」

小説・エッセイ

2010/11/26

不意に読んでしまったのがいけなかった。 iPhone片手に、涙が溢れだす。 iPhone片手に、生き方を問われる。 人生の折り返し地点を過ぎた40代には、 余命観という「はかなさ」が触感を伴って響く。 登場人物一人ひとりの想いが、切なくて愛おしい。 死に向き合った人生には、無常なる無上がある。 AKB48を通じて「生... 続きを読む