与野党もマスコミも。上司も部下も(私も)学びたい。混迷時代のぶれない生き方

Fujii_Kaoru

2010/11/26

道元禅師の言葉

ハード : PC/iPhone/iPad 発売元 : 主婦の友社
ジャンル: 購入元:電子文庫パブリ
著者名:公方俊良 価格:864円

※最新の価格はストアでご確認ください。

深夜1:00。iPhone片手に、坐(すわ)って読む。 足を組み、背骨真っすぐに息を調(ととの)える。 坐禅ならぬ坐読。
達磨(ダルマ)は面壁9年。私は画面9分。 ほんの短い時間なのに、あら不思議。
何故か心が調ってくる。 禅師の言葉は、ジョブスの名器でも響くのだ!

比較優位=他者抑圧=自己保身=喪失不安 自らの我執が引き寄せた分断病が浸潤する現代。
その自身を漂白できない一人ひとりの心を、 道元は、厳しく戒め、調え、 身心脱落で包み込んでくれる。
時代と国境とメディアを超える言葉を超えた 「非思量」の言葉。 求道に徹する精錬な生き方。
その道元に道に、与野党もマスコミも、 上司も部下も、私も、学びたい。
iPhoneで。

道元と出会ったのは、インタビューさせていただいた作家の立松和平さん(故人)の大著『道元禅師』(新潮文庫)を読んでから

「自己とは何かを問うことは、自己を忘れること」。非思量になれれば、あなたも大悟である

昨今の「断捨離」ブームのはるか昔。捨て切る大事を道元は説いていた

著者が解説する、現代ビジネスに当てはめたわかりやすい例に、「へぇ~」がたくさんでる

44個のタイトルを見つめるだけでも、心は調ってくる。できればiPhoneは半眼で座読したい