必ず響くストーリーがある! 『ちはやふる』末次由紀の珠玉の短編集

2011/10/18

ハルコイ

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : 講談社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:末次由紀 価格:432円

※最新の価格はストアでご確認ください。

『ちはやふる』の末次由紀さんの4つの短編が収録された作品集。
今秋からアニメ化もされ、ますます注目を浴びている『ちはやふる』だけれど、それに負けずとも劣らないすばらしい1冊だ。

表題作でもある『ハルコイ』は50歳のパワフルなおばちゃん・綾子さんと23歳の引っ込み思案な保育士・のんちゃんの物語。彼氏いない歴23年ののんちゃんが恋をし、その相談を綾子さんにするわけなんだけども、元気いっぱいな綾子さんにたじたじ。そんな綾子さんに背中を押されるようにして、のんちゃんは意中の相手にぶつかって行こうとするものの…。

『ハルコイ』を始め、4作中3作は恋が絡んだストーリー。でも、恋がメインテーマというよりは、人と人の心のつながりを感じさせられる。4作品がそれぞれ心の違う部分を刺激し、誰しもがいずれかの作品に涙することは間違いない! と思う。

私自身も『ハルコイ』と2編目の『指輪の片思い』には涙した。『指輪の片思い』はウェディングプランナー・繭子(30歳)が自分の幸せを掴んでいくストーリー。同じ年代の女性が読んだら涙しないわけがない! そして、絶対に意中の彼に言ってもらいたい言葉も載っているはず! むしろ、彼にこの1冊を渡せばいい!…とさえ思う。

話が少々ズレたけども、この作品たちを読んでこぼす涙は「悲しい」とか「嬉しい」とか、ひとつの感情に突き動かされたものじゃない。それらももちろんあるのだけれど、切なさや、キャラクターたちに対して、「よかったねぇ、よかったねぇ」と囁きかけたくなるような優しい気持ちが自然とあふれてくるのだ。

ピンクと桜が印象的な本作の表紙だが、読み終わったあとに、この色と同じような気分にさせてくれるはずだ。


ねのんちゃんの恋の行方は?『ハルコイ』

人を幸せにするウェディングプランナー。自分の幸せも掴めるのか?『指輪の片思い』

つぶれかけの定食屋を立て直すために元・食べ物屋の娘が奮闘!『美彩食堂』

お母さんに笑ってもらいたくて冒険に出る七菜の冒険?ストーリー『ななつの約束』 (C)末次由紀/講談社