苦悩に満ちた独白は誰のものか。壊すというタイトルは伊達じゃない!

コミック

2014/5/10

“不意をつかれる” というのは案外少ない経験ですが、本作はその数少ない経験のひとつになりそうです。 『人間失格』といえば、かの文豪・太宰治の遺作。2009年には、古屋兎丸によるマンガ化。2010年には生田斗真主演の映画が公開され、近年でも記憶に新しい名作文学です。  ところが、実はもうひとつあったのです。マイナーなが... 続きを読む