静かにゆるやかに再生していく、心と日常の物語

小説・エッセイ

2010/12/7

お父さんが、死んだ。 茨城の山中で、車の中で。 遠縁だという知らない女の人と、一緒に死んでしまった…。 突然の喪失から立ち直ろうと、家を離れ、下北沢で一人暮らしをはじめた私。ようやく日常が回転し始めた、とおもったそのとき、突然、母親が転がり込んできた。 同じ喪失、だけど異なる孤独。 下北沢の空気に包まれながら少しずつ... 続きを読む