考えて考えて、それでもまだまだ誰かのことを考えてしまう。そんな人こそ真に優しい

小説・エッセイ

2010/12/17

君は永遠にそいつらより若い

ハード : PC/iPhone/iPad 発売元 : 筑摩書房
ジャンル:小説・エッセイ 購入元:電子文庫パブリ
著者名:津村記久子 価格:540円

※最新の価格はストアでご確認ください。

大学4年生のホリガイは、最大のコンプレックスの処女であるという事実を抱えながら、日々すべての物事において理由と理屈で固めているっていうくらい考えている女子。

てかなんでもかんでも考えすぎでしょ!! ってくらい細かい所までびっしりホリガイの思考なんだけど、それがすごくおもしろい。 本編すべて、この主人公の頭の中。その頭の中に、読みながらどんどんはまっていく。

一見すると普通なホリガイの周りは、実はかなりハード。 処女であるホリガイにはじまり、巨根に悩むバイト仲間、リストカットのカップル、自殺をした友達、レイプの被害者…。

若者たちの悩みを描いているという物語の側面もあるけれど、ただその事実にホリガイが自分でどうにかしてあげられないかと、優しさの押し売りとかじゃなくて、本当にただ単にそう考えてしまう所に主題がある気がした。 痛みを知っているからこそのホリガイの優しさに、なんだかちょっと感動(でもそう考えて何もしていない自分にもホリガイは腹を立てているのだけれど…そこもまた優しい)。

子どもの頃テレビで見た誘拐事件の被害者の少年を助けることができなかった自分に失望し、それで将来まで決めてしまっているというエピソードが、まさにホリガイをよく表している。

「私って考えすぎかなぁ?」と悩んでいた時に、当時の彼氏に「いや、人はもっと考えてるよ」と言われたことがあったけど、まさにそうかも。 私はどっちかと言うと何も考えてないや。 ホリガイのように誰かのことを見返りも何も期待せずに考えたい。 考えて考えて、そして行動しなきゃ。

タイトルの雰囲気がまさにこの小説の雰囲気でした。 てか本当かっこいいタイトルだよね、これ。かっこよくて優しい。

もう1回読も。

タイトルとともに世界観に引き込まれる冒頭シーン

文字の大きさも変えられます