先生! 私、コクります!

PHP研究所

2010/12/15

「好きです。」コクるかコクらないか、それが問題だ!

ハード : PC/iPhone/iPad 発売元 : PHP研究所
ジャンル: 購入元:電子文庫パブリ
著者名:齋藤孝 価格:800円

※最新の価格はストアでご確認ください。

電子書籍のいいところのひとつは、電車などで読書していても何の本を読んでいるのか他の人にわからないところ、だと思います。iPhoneだったら「iPhoneでなんか見てる人」にしか見えません。
  
これを逆手に取って(?)、通勤電車の中で堂々と、人前で読むにはちょっとためらっちゃうような本を読んでみよう! と思いました。

そこで選んだのが、「声に出して読みたい日本語」を著して一躍時の人となった斎藤孝先生の、なんと恋愛指南本「「好きです。」コクるかコクらないか、それが問題だ!」です。
  
日本の子供の将来を真剣に考えておられる斎藤先生、小学生向けに「ガツンと一発」シリーズという新書シリーズを著しておられまして、勉強の仕方、読書の仕方、友達の作り方などについて語ってこられました。本書はシリーズ第11弾の書籍。満を持して、という感じです。
  
美しい日本語を愛するあの斎藤先生が書籍の題名から「コクる」などという乱れ…失礼、常用表現から逸脱した表現を用いて恋愛の神髄たる「好きだという思いを好きな対象に告白する」ことを「問題だ!」とビックリマーク付きで唱えておられるところからこの書籍に対する斎藤先生の意気込みと問題に対する真摯な姿が伺える本書、小学生向けでしょーまーもうなんていうの恋だの愛だのにメルヘン求めるトシじゃないんだよねーと斜に構えて本書を手にしたことを懺悔したくなるくらい、良い本でした。
  
テレビで斎藤先生を見たことのある方ならお分かりになるかと思いますが、ストレートでスーパーポジティブな斎藤先生の語りそのままの文体で、小学生にもわかるような平坦な文章で恋愛の素晴らしさを説きます。しかも全ての漢字、フリガナ付きです。
  
オトナなら恋愛論の他にもうひとつ斎藤先生から学ぶことがあるでしょう。それは本書の構成です。本書には、恋のイロハも知らないピュアな少年少女に人類の永遠のテーマである恋愛論を説くために、ありとあらゆる“説得テクニック”が駆使されています。わかりやすい例を挙げて読者の共感を得る、読者に問いを投げ考えつつ読み進めてもらう、著者の体験談をあげ親近感を得つつ説明する、などなど。本書をプレゼンシナリオ例文集として読み、活用できるかと思います。
  
本書を読み終えたワタクシ、すっかり斎藤先生に“説得”されてしまいました。さー、コクるぞー

読者に親しみを込めて語りかける口語文体。会話の引用がリアルです、さすがです

斎藤先生の直球を受けてみよ!