寒いクリスマスのお伴に、心温まる優しい「こじつけ」はいかがですか?

小説・エッセイ

2010/12/24

物事は解釈の仕方によって、さまざまな姿を見せる。 しかし私たちの日常では、常識と異なる解釈をして新たな可能性を作り出すことは「こじつけ」の一言で片づけられてしまう事が多い。ただし「こじつけ」と言われようとも、新たな可能性は可能性として、変わらず存在しつづける。 伊坂幸太郎が大学一年の時に初めて完成させたという小説のプ... 続きを読む