本当の悪人は誰なのか。誰しもが抱える寂しさが生んだ哀しいストーリー

小説・エッセイ

2011/9/6

一人の男が、一人の女を殺した。 奇抜なトリックも、犯人の背後に巨大な組織の影が見えることもない。ただ本当に、一人の人間が殺されただけ。それを様々な人々の視点で追っていく。 登場人物は全員、等身大の人間。特別強いわけでも、特別弱いわけでもない、普通のどこにでもいる人間。だからこそ、犯人が殺人に辿り着いてしまった過程に、... 続きを読む