無駄だからこそ素晴らしい! 思春期女子のドタバタに思わずクスリ

2分で読める
レビュー

思春期…時間と体力だけはやたらとあったあの頃の、暴走しがちな「情熱」を鮮やかに描いたのが衿沢世衣子先生の『シンプルノットローファー』です。 例えばハンダゴテが無駄に上手で家電の修理に熱中する「りょうち…

本文を読む