記憶を忘れない「耳」を水と墨で描く意欲作

RC100

2014/8/10

 水で描き、墨を落とし、細かいところは爪楊枝や割り箸を用いるという独自の表現方法で新しい世界観を描く森泉岳土の短篇集。表題ともなっている最新作から、デビュー作「森のマリー」までが収録されています。  芸術的な技法で新境地を開拓する作者の進化が、デビュー作から最新作までを追うことで見えてくる1冊。読むうちに、作者の試み... 続きを読む