思い出を振り返りたくなる、感性と記憶の物語-『パイロットフィッシュ』

小説・エッセイ

2011/10/27

■パイロットフィッシュ/大崎善生/角川書店 山崎あてに、真夜中に突然思いがけない相手から電話がかかってくる。それはかつての恋人、由希子だった。19年ぶりに二人は会う約束をする…。 この作品を読んでいて、若かった頃のほろ苦い記憶が次々に蘇ってきました。そして無性に当時に戻りたくなりました。あの時あんな言葉をかけなければ... 続きを読む