ジブリ映画『耳をすませば』の原作少女マンガで青春をもう一度!

2分で読める
レビュー

本好き中学1年生・雫が図書館で借りてきた本のカードには、必ず「天沢聖司」の名前が。出会った本人は「ヤなやつ」だったけれど、本当は大きな夢があって…。 丘の上で「雫! 大好きだー!」と言って「耳をすませば…

本文を読む