里中満智子が描く、ツタンカーメンの妻の壮大なる叙事詩

コミック

2011/7/31

「アリエスの乙女たち」「長屋王残照記」を描いた、里中満智子の古代エジプトロマン。    舞台は古代エジプト。 エジプト新王国時代の、第18王朝の君主ファラオであったアメンホテプ4世の正妃・ネフェルティティの三女であり、君主・ツタンカーメンの妻であるアンケセナーメンのお話である。 アトンとはエジプト太陽神であり、唯一絶... 続きを読む