編み物、縫い物、お菓子作り。内田春菊のハンドメイド魂が炸裂した手作り入門マンガ

コミック

2011/8/1

ワイルドハンズ

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : 祥伝社
ジャンル: 購入元:電子貸本Renta!
著者名:内田春菊 価格:525円

※最新の価格はストアでご確認ください。

三十路に入る少し手前あたりから、「ミシンが欲しい!」という発作に襲われるようになりました。
  
別に小さな子どもが家にいるわけじゃなし、何かを縫ったり作ったりする必要性はまったくないんです、が、「なんか作りたい!」欲が時折ムラムラ湧き上がってくること、皆さんはありませんか?

10代の頃に読んでいた『プチセブン』(後継誌『PS』の休刊が決まりましたね…)の「バレンタインに女子にもらって迷惑なもの」ランキング記事では、手編みのマフラーが毎年不動の一位でしたが、そんな刷り込みを受けて育った現在の20~30代女性にとって、「手作りって必ずしも男ウケがいいわけじゃない」というのはもはや常識。
  
でもウケとかモテとか一切関係なしで、手作りって単純に自分が楽しいんですよねー。
  
内田春菊が「大の手作りマニア」なことは、彼女のエッセイ漫画の愛読者ならご存知でしょう。
  
冒頭で「こんにちは 内田春菊45歳(子4人・結婚3回目)です」(※2006年出版当時)と自己紹介していますが、4人のママでもある彼女の趣味は「手作り」。とは言っても「家庭的なママ」だからではなく、「昔から単純に好きだった」から。
  
手編みマフラーもケーキもマンガも小説も、「ゼロから何かを産み出す」という点においては彼女にとって全部同じこと。そこらへんは「根っからの創作者なんだなあ」と素直に感心してしまいます。
  
服作りの手順やレシピの分量などイラスト付きで解説しているので、私のように気持ちだけ先走っている初心者から見てもかなり実用的。読んでいると「手作り欲」が沸々とわいてくる1冊です。

4台のミシンが常駐されている「ミシン部屋」がある内田家

夫(当時・今は彼氏)のユウヤさんのベーグルレシピもカラー写真で公開

息子くん①のフリースジャケットの型紙つくり。結構ざっくりでもいいみたいで勇気づけられる!