読者も恐怖に叩き落とす 疾走感あふれすぎる追いかけっこ

ライトノベル

2011/8/2

東欧の小国へ修学旅行中の生徒たちが拉致された。 犯人は「狩猟クラブ」。 子供たちは、「狩られるため」にその命を金で買われた。   動物とは何かしらの形で狩猟をおこなっている。そんな意味の言葉から始まる本書。やってはいけない、しかし、欲求がある。 それは「人間を狩ること」。 財閥の好事家たちはその禁忌を犯し、「狩猟クラ... 続きを読む