浮かび上がるのは隠された人類の異端の歴史か 謎の古代文明のすべて

岡野宏文

2011/8/3

怪しげなものが性懲りもなく好きなわたしがもちろん大好きなのはオーパーツである。大きな部品のことではない。「それはそこにあっちゃなるめえ」物体のことである。    たとえばナスカの地上絵。あれなんかもオーパーツの一種といっていいのではないか。 正確な測量技術があったとも思えぬ時代に、飛行機やスペースシャトルからでもなけ... 続きを読む