お父さん方には申し訳ないけど、母親って本当に特別な存在なんです(涙)

小説・エッセイ

2011/8/8

自分の会社を潰し、離婚もして一人きりで落ちぶれてしまった40歳の中年男、城所安男。安男は病気の母親を助けるべく、百マイル先のサン・マルコ病院に母親を自分一人で運ぶことを決意する。旅の途中のもう二度と交わせないかもしれない母と息子の会話が胸を打つ。親から子、子から親への想い。そして夫婦間、恋人同士など、様々な人たちの愛... 続きを読む