彼らが「そこ」で生きるワケとは? 過酷で絶望を予感させる壮大な冒険コミック

コミック

2011/10/26

おいしいものをたくさん食べて、ベッドに入る。いつもより、ちょっぴり贅沢な1日が終わる。明日も同じような日がやってくると信じて。でも、次に目が覚めたときに自分がいたのは、温かなベッドではなく、荒れ狂う海の上で木の葉のように揺れる船の中だった…。 沈みかけの船の中で目覚めた高校1年の岩清水ナツ。ナツのほかにいたのは同世代... 続きを読む