「花子ロス」患者必読! ドラマでは描かれなかった花子をめぐる人々の実際

小説・エッセイ

2014/10/2

 「曲がり角の先には、きっと一番良いものが待っているの」。毎日想像の翼を広げていた朝の時間が恋しくてたまらない。朝の連続テレビ小説『花子とアン』が終了して、「花子ロス」に陥っている人も少なくはないだろう。花子のあの前向きさ、まっすぐさに心奪われた人は今、朝の時間にふと寂しさに襲われてはいないだろうか。  村岡花子氏著... 続きを読む