もしも人生をやり直せるなら? 時を超えて初恋を汚す物語の内容とは?

更新日:2015/9/29

生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと:1 (アクションコミックス)

ハード : iPhone/iPad/Android 発売元 : 双葉社
ジャンル:コミック 購入元:Kindleストア
著者名:永瀬ようすけ 価格:※ストアでご確認ください

※最新の価格はストアでご確認ください。

 たとえ、夢の中でも、普通の人間は、赤信号は渡らず、車道には飛び出さず、憎たらしい奴の前でも微笑みを忘れないものである。そんな姿をいじらしく思いつつも、その意気地のなさには少しばかり呆れる。せっかく夢の中にいるのだから、自分勝手に振舞っても、人を傷つけても良いはずだ。道徳なんて関係ない。欲望のまま生きるという選択肢だってあって良いはずなのだ。それなのに、どうしてこんなにも解せない気分になるのだろう。人はどこまでも道徳に縛られながら生きるものなのだろうか。

『生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと』は『やみのさんしまい』や『斑目先生の妄想学級日誌』の著作で知られる永瀬ようすけ氏の新作マンガである。タイトルを見ると、「何の取り柄もなかった主人公がアンナを救う物語か」と錯覚するだろうが、本を開けば予想とはまるで異なる物語に度肝を抜かれることだろう。主人公は32歳童貞、漫画家志望のニート。おまけに性格が恐ろしくひねくれているのだ。人の痛みを痛みとも思えない。自分が良ければすべて良い。こんなにも許しがたい主人公はなかなかいるものではない。主人公が引き起こす卑劣な行いの数々は読めば読むほど苛立たしくなる。しかし、このゲス男が今後どうなってしまうのか目が離せなくなってしまうのはなぜだろうか。

 主人公・向井和也はやることなすこと何もうまくいかない32歳・無職。幼なじみで大手広告代理店勤務のエリート・小杉京太に久々に会うと、彼は向井がずっと片思いをしていた保田杏奈と結婚し、彼女は現在妊娠中だと聞かされる。和也は強い屈辱を覚え、自分の人生を後悔し始める。導かれるように母校の小学校を訪れた和也は、ふとしたことがきっかけで屋上から落下。目が覚めるとなんと20年以上前の世界にタイムスリップしていた。頭は32歳のまま身体は小学6年生に戻った和也は、自分の欲望のままに恐ろしい事件をたびたび引き起こしていく。

 タイムスリップして、自分の人生をやり直すストーリーは世の中にたくさんあるだろうが、これほど主人公が自暴自棄に過ごすさまは前代未聞だろう。和也は自らの汚れた欲望を友人に次々とぶつけていく。杏奈に向かって、「パンツを見せろ」と命じたり、自分をいじめる男子生徒を事故に遭わせて殺したり、一度目の人生ではあまり関わりがなかった女子と仲良くなると、無理やり性的関係を結んだり…。小学生たちのピュアな心を和也は惑わせていく。

 杏奈は、和也の手に堕ちてしまうのかどうかも気になるが、クラスに転校してきた少女の和也に浴びせる冷たい視線も気にかかる。彼女の正体は一体何者なのか。願わくは、和也を懲らしめる存在であってほしい。後味最悪、でもクセになるこの物語は、今を後悔している人にこそ読んで欲しい。これを読めば、過去に戻ったところで人は何も生産的なことができないということ、後悔ばかりしているのではなく、今を懸命に生きるしかないのだということを反省させられるような気がする。


幼なじみが結婚、出産。それに引き換え、ニートで彼女もいない和也

ふとしたことで20年前にタイムスリップし、和也はやりたい放題

「何でもしたいことをしよう」と決意する和也に罪悪感はないのか?

そんな和也に鋭い視線を浴びせかけるこの女の子の正体は?