ノスタルジーと豊かな情感と確かな生活の手ざわりを感じる極上の読み心地

小説・エッセイ

2011/10/28

向田邦子のエッセイを読むと、メゲる、かなり。巧すぎちゃって。文章を書いて口に糊している輩なら、いくらかは同じことを感じるのではないか。 ただし嫌みではない。ここが沢木耕太郎と違うところ。だから辟易せずにすむ。感情移入できる。やんなっちゃいながらもページをめくっていくことさえ可能だ。奇跡みたいな話だが、巧さの出てくる目... 続きを読む