She love it.(彼女はそれを愛している)

小説・エッセイ

2011/10/28

「ひとりの男を愛すると三十枚の短編小説が書ける。」(あとがき抜粋) 誰かへの愛をもって描かれたものは、官能的で、貪欲で、だらしなくて、そして愛おしく思える。 そんなセクシュアルな世界に胸を高鳴らせる、ルナルーチェの葉菜とちまみでお送りいたします。 【葉菜】この作品の作者が好きで好きで仕方ない葉菜です、皆さんこんにちは... 続きを読む