青春の1ページと、ほんの少しのファンタジー

ライトノベル

2011/8/28

“学生”というものは、なんだか特別な存在に思える。   限られた空間、限られた時間で過ごす彼らは、そうでなくなった人達から見ると眩しく見えてしょうがない存在…。    そんな学生時代に戻りたいなあ…と夢見る、ルナルーチェの葉菜とちまみでお送りします。 【葉菜】学生に、1日でもいいから戻りたい葉菜です、皆さんこんにちは... 続きを読む