数えるたびに“自分という奇跡”に出逢う。おくりびとが物語る♪ いのちの紙芝居

小説・エッセイ

2011/8/30

人は生涯で、何人の人と恋に落ちるのでしょう? 何時間笑い、何粒の涙を流し、何時間キスをし、 死ぬまでに、何回、愛の営みを行うのでしょう? 優しいメロディー♪で物語る薫堂さんの紙芝居。 ページ毎に巡り合う普段意識しない人生の数字。 そんな日常を、数えてみるとアラッ不思議! “自分という奇跡”が、俄然、輝きだします。 「... 続きを読む