「え! こんなことで人間は死んじゃうの?」の雑学集

イースト・プレス

2011/9/1

元東京都監察医務院長で、医学博士である上野正彦の著書。監察医としての法医学的視点から、様々な死因について語った本である。    例えば、朝、家族の者が起きて来ず、そのまま死亡していた場合。死因が特定できず、通常変死扱いとなる。著者のような監察医や検死官の出番となり、警察の捜査対象となる。 そして法医学の眼で検死が行な... 続きを読む