近いのに遠い――本当の恋心を知り、想いを深めていく、先の気になる青春物語

コミック

2011/6/25

スプラウト (1)

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : 講談社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:南波あつこ 価格:432円

※最新の価格はストアでご確認ください。

最近の漫画の多くは、何も持っていない、もしくはゼロからスタートするような話が多いような気がしますが、『スプラウト』の主人公の実紅は優しい彼氏も仲の良い友達もいて、平穏で順風満帆な状態から始まります。
  
この作品は以前1巻だけ読んだことがあり、発見したので思わず買って読んでしまいました。南波あつこさんの作品は共感できるような部分や主人公の可愛らしいところがたくさんあって、私は好きです。

話は物語に戻りますが、実紅は広い屋敷のような家で両親と暮らしていました。しかしある日突然、父親が退職し、下宿を始めると言いだします。すでに下宿人も決まっており、反対しようにも止まらない状態。さらには、同じ高校に通っている楢橋草平が下宿人になるのですが…彼には、超天然だけど可愛い彼女がいます。それにも関わらず、草平は性格ゆえか優しく、そして家族のように接するようになり、徐々に実紅は惹かれていき…。
  
多感な年頃というのもありますが、彼氏や彼女がいるからといって、恋をする時はしてしまいますし、それを抑え込もうとして相手を傷つけてしまったりと、青春時代にしか味わえないような葛藤の描き方がとても上手く、私も何度も頷いたり、実紅に気持ちを入れ込んでしまって、一緒に怒ったり泣きそうになったりと、楽しんで読みました。
  
最初は実紅には彼氏がいますし、草平にも彼女がいて、気持ちに蓋をしていますが、素直に草平が好きだと思うようになってからの展開は、特に圧巻です。

電子書籍を読むといつも思いますが、こうして折り目なく2ページ分の絵が見られるのは素敵です

この作品のファーストシーン。恋愛は楽しいだけじゃないですが、やはり、楽しくてたくさん笑える恋愛が良いですよね

実紅の彼氏です。2つ年上の先輩です。いかにも秀才な雰囲気が漂っていますね

彼氏からの、別れ際の優しいキス。こんな甘い展開を順風満帆と言わずして、何と言うのでしょうか

キスした日の夜、彼氏とおそろいのマグカップを見つめる実紅。色々と思うところがあるみたいですが、もしや一回だけでは物足りなかったとか…?(笑)

両親から、突然告げられた下宿。ここから、この物語の全てが始まります

偶然、目があってしまった実紅と草平。一体、この時に実紅は何を感じたのでしょうか (C)南波あつこ/講談社