山を愛し、気ままな旅の醍醐味を知る著者による、山にまつわるエッセー集

小説・エッセイ

2011/6/29

旅に出るならやはり海外。若いころから、異文化に触れ、未知の体験をしたいと常々思ってきた私“ぷりまべら”は、日本の各地を訪れる旅は、もう少し後のお楽しみとしてとっておきたいと考えていました。 ところが、池内紀さんの著書「海山のあいだ」を読んでいると、日本の美しい自然に触れる旅に今すぐにでも出かけたくなってしまったのです... 続きを読む