爆笑必至の妄想があれよあれよと膨れあがるから“茫然”エッセイ

小説・エッセイ

2011/7/9

宮沢章夫は劇作家&演出家である。と思う。最近氏はいろいろなことに手を出され、それがまたそれぞれ標準以上の面白さを醸し出すありさまなので、本業を演劇と信じていてよいのかどうか観客としてはここのところいささか不安になってはいるのであった。 この本なども、サイドワークのはずだったのが、その抜群のおかしさでエッセイストとして... 続きを読む