「官僚主義萌え」を凝縮! 今までありそうでなかった、後方支援が主任務の「兵站軍」による仮想戦記!

コミック

2015/1/19

 作者の速水螺旋人氏は、常々「官僚主義萌え」を主張していらっしゃいました。なんでも、組織的な不条理を垣間見るのが大好きで、その不条理さの中に人間社会的なモノを感じるから、ということで。そんな速水先生の萌えがここぞとばかりに凝縮された作品が本作『大砲とスタンプ』です。 「当人たちは合理的に動いているのだけれども全体とし... 続きを読む