罪を犯した少女たちを救うのは誰か

RC100

2015/2/12

 法務教官ー少年院の先生を12年間務め、1000人以上の生徒を見て来た著者。その体験をもとに、女子少年院というこの特殊な鍵で閉ざされた世界を丁寧に説明したのが本書です。  昨年10月、北海道で起きた女子高生による母・祖母殺害事件。彼女の「その後」が明確に見えたような気がしたのは、この本を読んでからだった。丁寧な施設や... 続きを読む