笑って泣ける! タレント小説という枠を超えた名作です

小説・エッセイ

2011/5/6

芸人劇団ひとりが、不器用にしか生きられない人々の心の交流を描いた名作。累計80万部を突破し映画化までした、タレント本というジャンルでは片付けられない、切なくも優しい短編小説。 あらゆる人物を一人で演じる“一人コント”という素晴らしい芸を持つ劇団ひとりが書いた小説だけあって、主人公たちがなんとなく彼が演じるコントの人っ... 続きを読む