アナタは、有吉を知ったつもりでは? 本当に、性格が良いか悪いか判断して欲しい!

太田出版

2011/9/4

有吉弘行 オレは絶対性格悪くない!

ハード : 発売元 : OHTA PUBLISHING COMPANY
ジャンル: 購入元:AppStore
著者名: 価格:1,000円

※最新の価格はストアでご確認ください。

「竜兵会」の一員でもある有吉の存在は、かなり気になるものの、あまり良く知らないのが現状。あの、毒づいた「あだ名」は天才的、芸能人進路相談では冷静な分析で、誰も言えないことをバッサリと斬り、真っ当なダメだし。そして、隠れた魅力の見せ方・伸ばし方など的確な提案まで出来る! なんて、頭のいい人と尊敬している。しかし、私は「有吉が好き!」というだけで、生い立ちや、トラウマ、本当の性格など何も知らないのだ…。

3歳の頃、広島の熊の町で、アパート階下の狂人ババァによる恐怖体験が、人の顔色を伺う性格になってしまったこと。6歳まで幼稚園に通わせてもらえず、ウルトラマン怪獣辞典を愛読してカタカナしか読めない和製外人になり、親友と呼べる人間がいない、悲しい人生の幼児期。小学校では、小3ぐらいは奇行のマッドサイエンテイストから、笑いを取ってモテる男になりたいとシフトチェンジ。クラスで1番頭がおかしいというポジションを不動のものとする。ポジション維持のため、全力で悪質なことを繰り返すのに必死。
  
中学の時、「笑点」の曲を聞くと、過呼吸になる奇病をもっていたのに、落語家になりたかったらしい。18歳大阪でオール巨人さんの公開 弟子オーデションに合格。7ヶ月間で弟子生活を終えて、東京へ。太田プロライブでは、あの手この手を使って、1位に→所属決定! オーデションも「電波少年」も受かって「ちょろい人生」だとナメきっていた狂乱の宴が終わり・・・転落人生。蛭子(能収)さんに憧れ、マンガ家を目指す。などなど、エピソード盛りだくさん。写真館やマンガ道場、上島竜平さんとの対談ページ、手作りPOP付き!
  
「竜兵会」メンバー:上島竜兵【社長】《豚の死骸》、肥後克広【副社長】《しぼりカス》、土田晃之【広報部長】《理屈しゃくれ》、有吉弘行【チンピラ社員】、劇団ひとり【独立成功のヤリ手社員】《おしゃれパジャマ1980円》、デンジャラス 安田【総務部長】《万引き》、デンジャラス ノッチ【リストラ候補】《取り柄なし人間》のエピソードも満載!
  
これを読むと、有吉さんの、内側に秘める歪んだ部分や、変態な要因、トラウマ、色々なことがわかる。有吉さんて、なんてシンプルな考えで行動的、そして開き直りのポジティブさ。人生や仕事につまづいてる人には、オススメです! 私の中では、高田純次さんの『適当日記』を超える電子書籍だと思いました! とにかく、面白いし一気に読めます。そして、有吉さんが「竜兵会」がもっと好きになる1冊です。ほんと、オススメ!

目次だけで6ページあるけど、項目を見てるだけでワクワクするっ

「ポリネシアン」「スロー」って聞いたことあるけど、「クロワッサン」てどんな?

ごもっとも!

蛭子さんに憧れて、マンガ家を目指していた頃の作品

良さ、なし! いや、そのポジティブ思考が良さでしょ?

「別居中」「マッサージ」に弱いのは分かる。インターハイとスゥエーデン人は理解不能!