密告、連行、逃げ場なし! 強烈な世界を描いた伊坂幸太郎の新刊『火星に住むつもりかい?』

小説・エッセイ

2015/4/6

 SFやファンタジーを想像してしまうこのタイトル。第1章は相当に強烈です。描かれるのは、近未来のような、現在のような不思議な時間軸。「平和警察」と呼ばれるナチスのような集団が、理由のあるなし関係なく、一般人を連行し、拷問し、有罪と見なされれば公開処刑の横行する世界。夫婦、家族、友人同士が疑心暗鬼になり、誰ひとり信じら... 続きを読む