ロンドンを見物した最初の日本人、カメハメハ大王に会った日本人。ロマンぎっしりな学術書

インタープレイ

2011/5/24

中学生の頃から、『漂流記』が大好きです。ことに日本の近世の実在した漂流記に、強く強く惹かれてきました。    有名なのは、井伏鱒二の『ジョン万次郎漂流記』や井上靖の『おろしや国酔夢譚』。鎖国の時代に、異国へ流れ着き、言葉もわからないまま人生を運にゆだねる…。今のように情報のまったく無い時代、外国人の文化や性質を彼らは... 続きを読む