それぞれの季節に、それぞれの恋の思い出がある。甘酸っぱ過ぎる中学生ライフ

コミック

2011/5/26

夢の温度 〔冬〕

ハード : PC/iPhone/iPad/WindowsPhone/Android 発売元 : 祥伝社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:南Q太 価格:500円

※最新の価格はストアでご確認ください。

主人公の女子中学生“はる”は、密かに自分の実の兄に恋心を抱いている。そんな中、同級生のイケメン柔道部の岩倉君に告白される。自分の気持ちに嘘がつけないはるは、岩倉君の告白を断るのだが、彼は「それでもいい」と言って、自分の気持ちを曲げない。田舎の中学校で巻き起こる、あまずっぱさ満点の恋愛コミック。

この作品全体に流れる空気感、季節感がとても好きです。1巻の『冬』を読んで、なんだか冬に戻りたくなってきてしまいました(あるいはさっさと冬になれ!)。雪の中、登下校とかしたいな…(出勤ではなくて、登下校で)。
  
辺鄙な片田舎の中学校の、繰り返される平凡に見える毎日。好きな人と一緒に下校したり、周りの生徒たちに噂されたり、部活の応援に行ったり…(って、私には無縁な中学生ライフにも感じられるけれど(汗))。
  
全てが自分が通ってきたはずの毎日で、どことなく懐かしいんだけど、でも、今になって思えばキラキラとした毎日だったよね。平凡に見えるけど、全然平凡じゃない。あぁ、あの頃にまた戻れたなら…(涙)。
  
でも戻れたとしても、岩倉君のように一途に自分を思ってくれる男の子はなかなかいませんが…。
  
お兄ちゃんに恋をしているはるが、徐々に岩倉君に気になっていく描写がかわいい。そして一途に思う岩倉君…ステキすぎました。

兄に恋する“はる”

友達のテンションが、なんだか懐かしい

実の兄との禁断の恋? ただの憧れ?

吐く息の白さ。“はる”の表情がいいです

登下校の醍醐味(笑)

それでもやっぱりお兄ちゃんが好き

徐々に縮まる二人の関係 (C)南Q太/祥伝社