カマかけたら本当に浮気してた…。夫のクロをうまく「吐かせる」方法

2015/4/20

カマかけたらクロでした

ハード : 発売元 : KADOKAWA
ジャンル: 購入元:KindleStore
著者名:うえみあゆみ 価格:※ストアでご確認ください

※最新の価格はストアでご確認ください。

 カマかけたら、夫が浮気してたんです!子どもにも恵まれ、幸せな主婦だったはずが、いきなり愛憎の日々を送ることに。夫の浮気を経て、離婚調停まで経験した、夫婦の「再生物語」。

 うえみあゆみさんは子育てエッセイ漫画で活躍していますが、ある日「漫画に旦那の気配がないけど…?」と指摘を受けます。実は、うえみさんは夫に浮気の「カマかけ」をしたらビンゴしてしまい、それから壮絶の日々を送っていたのです。

 「うちの旦那あやしい!」と思ったら、カマをかけるのもひとつの手。作中に登場した「カマかけ」の手順をご紹介します。

① <最初に壮大な嘘をつく~相手をビビらせることが大切~>

 旦那と過ごしていたある日、突然うえみさんが「ハー200万か…」と独り言をいいました。「?」という反応の旦那に対し、ズバッと「別れさせ屋と探偵に調査を依頼した費用が合計200万だっつーの」。その言葉に露骨な動揺を見せる夫。勿論、金額も依頼の話も嘘なんですけどね。

② <ゆるネタで追い詰める!~当たり前のことを訊く~>

 うえみさんは、動揺する旦那に次々と「(彼女の部屋での)連泊用に部屋着送ろうか…?」「彼女、コンロがもう一つあったら色々作ってくれるって。家庭的な子だね」と、事前に自分で得た浮気の情報や、当たり前のカップルの生活から連想されることを、あたかも専門機関から聞いたことのように話していきます。うえみさんの場合、旦那が下着を家に持ち帰らず「会社に置いている」というので、どうやら旦那が浮気相手の一人暮らしの部屋に泊まっているのだなと予想しました。

③ <しかし最後に逃げ道を用意!>

 情報で追い詰めたあとは、「全部知ってるよ、でももういいからちゃんと話して」「正直に言ってくれた方が私は助かるよ」と言います。ここで、旦那が自らクロだと吐くチャンスを作ります。うえみさんの場合、ここで旦那が「許して!」と浮気を認めました。そこで「今までの話、全部ウソだよ」と言い、そこからは怒りの鉄槌を下すことになりました。

 ポイントは、カマをかけたその日のうちにクロだと吐かせることです。相手が混乱しているときが狙い目。日が経つと、うやむやにして逃げたり、対策を練る時間を与えてしまいます。作中には、カマかけ後の苦労話や、前向きに変化してきたうえみさんの話も。近ごろ夫との仲について思う所がある方は…必見です。


カマかけたら本当に浮気してた…。夫のクロをうまく「吐かせる」方法

まんまと騙された旦那…

相手の女との接触に成功

お腹の中に子どもがいながらの騒動はストレスに…