絶望、凌辱、地獄、そして甘美…。恍惚の境地を発見しました

小説・エッセイ

2011/9/4

団鬼六先生は官能小説界、とりわけSM小説界の巨匠、加えて杉本彩姉さん主演の「花と蛇」原作者…、だということをふんわりと知っていたくらい。正直に申し上げると、作品は未読でした。 この度の訃報に接し、追悼の意を込めてそろそろ私も団作品ヴァージンを突破しようではないか! というわけで、チョイスしたのは「肉の輪舞(ロンド)」... 続きを読む