江戸の自由な風を胸いっぱいに吸い込め

コミック

2011/6/19

杉浦日向子は、いつも力が抜けてるとこが魅力。    おっそろしく強い侍がふだんダラッとしてるのは剣豪小説によくあるが、なんの取り柄もない町人もダラッとしてる。犬も猫ものたのたしている。そんじゃダメじゃないかって、ダメなんだよね。そのダメを優しく書くとこがいいわけ。 江戸時代っていうと遠いようで近く、分かるようでよく分... 続きを読む