奇妙な大学助手の静かな日常を描く、騒がしい日常に苦しんでいる人には最高の作品

小説・エッセイ

2011/1/21

「一日中、たった一つの微分方程式を睨んでいた、あの素敵な時間は、どこへいったのだろう? キシマ先生と話した、あの壮大な、純粋な、綺麗な、解析モデルは、今は誰が考えているのだろうか?」 タイトル通り、大学助手であるキシマ先生を巡る短いストーリー。森博嗣の作品を読んだことがなかったので、短さと安さに魅かれて味見のような感... 続きを読む