電子書籍の本気! 音楽やナレーションのついたハイクオリティ仕掛け絵本がすごい!

2011/1/22

カルシノの贈り物

ハード : iPhone 発売元 : Muu Muu Co.
ジャンル: 購入元:AppStore
著者名: 価格:400円

※最新の価格はストアでご確認ください。

「しかけ絵本」って、ワクワクしますよね。音の出る本、絵が動く本。そんなギミックを最大限に活用した、電子書籍向けの書き下ろし作品。なんと、あの「ほぼ日」でも紹介されている! ということで、クオリティにものすごーく期待して読みました。

結果は期待以上。絵本としての完成度はもちろん、電子書籍の今後を見た気分で。いい買い物したなぁ。

あらすじ:「最後の帽子が無くなったら、ボクは死んでしまうのかなぁ…」と心配するテロメア。しかし帽子は無くならず、いつまでも生き続けました。なぜなら、毎晩テロメアの寝ている間に、カルシノが帽子をプレゼントしていたからです。表題作「テロメアの贈り物」など、短編の物語が絵本形式で全9話。

身体の免疫システムをモデルにした、可愛い可愛いキャラクター達。けれどもお話はどこか不気味で、読んでいるうちに背筋がぞわぞわしてきます。エドワード・ゴーリーの大人向け絵本が好きな方はきっと大好きな雰囲気のはず。個人的にぐっときたのは、死神をつれた監視官が鬼子はいないかと一軒一軒の家を回る話(第5話)。最後は監視官が逆に鬼子たちに囲まれてしまって…!

ゆるキャラなのにどこかハッとする、そんな大人向けの「動く紙芝居」。今年始まって以来一番のオススメ作品ですね! 今年始まったばかりだけど!

このたくさん電車に乗り込んでいるのが「カルシノ」。彼らの正体は…

実は、免疫の仕組みをなぞらえたキャラクター。各話の最後に「謎解き」と称した解説が

絵柄も話のオチも、どことなく不気味でぞわぞわします。エドワード・ゴーリーの絵本みたいで

動く絵・BGM・ナレーション・ギミックなど、電子書籍ならではの仕掛けが満載でびっくり!